未分類

子供を勉強嫌いにさせないためには

こんにちは、kaoru(@kaorunba)です。幼稚園教諭・保育士の免許を持つ47才主婦です。6年間幼稚園で勤務をし、その後子育てに専念をし20年がたちました。

絵本好きだった私は、高校2年生の時に幼稚園の先生になりたいと思いました。しかし、勉強が大の苦手な私が短大へ行きたいと担任の先生に相談したところ、とても驚き「そんな甘いもんじゃないぞ!」と言われたのを覚えています。

私は小学校の時から勉強が苦手でした。苦手だとどうなるのかと言うと、段々嫌いになります。図工と美術の時間だけが楽しみで、学校に通っていた様なものです。

通知表の先生からのコメント欄には「やればできる子なのに残念です」といつも書かれていました。やれば出来るようになるなんて簡単に言っていますが、やらないのだからいつまでたっても出来ないし、そもそも嫌いなのですから、やる気になるわけがありません。

困り果てた両親は、塾やら家庭教師などあらゆる手を使いました。しかし効果なし、何てったって嫌いなのですから。わからなくなった過去までさかのぼってやり直してみよう!とも言われましたが、小学校から苦手だった私はどこまでさかのぼればいいのやら…もうお手上げです。

なんとか短大に入学し、幼稚園教諭として働いてきましたが、学生時代だけでなく社会人になっても苦労が多くて、勉強嫌いになった事をとても後悔しています。いつか私がお母さんになる日が来たら、勉強嫌いにはさせたくないと思うようになりました。

そして結婚し妊娠すると、我が子はどうしたら勉強好きになるんだろう???と強く思うようになりました。私のこの強い思いは主人の協力もあり、一人息子は勉強嫌いにはならずに国立大学に合格するようになってくれました(その話はまた後日書きたいと思います)

今日は勉強嫌いだった母親が考え、実践した勉強嫌いにしなかった子育てを紹介したいと思います。(幼稚園編~小学校低学年編)

勉強嫌いにならない為には?

勉強嫌いにしたくない=勉強好きにする、という事を考えました。さてどうしたものか?勉強と聞いただけで拒否反応を起こしてしまう私には難しい事でしたが、考えて考えて考え抜いた答えが、勉強を勉強と思わなければいいんだ!先生の授業を楽しい・ワクワクすると思えればいいのではないかと思いました。では、ワクワクする為にやった事とは!

幼稚園編

♪小学校入学に向けてワークやドリルなどをしない ♪先走らない ♪絵本を通じて文字・数に興味を持った時だけ教える ♪教えた事を覚えていなくても叱らない・忘れていて当たり前 ♪覚えていれば褒めてあげる ♪集中して楽しんでいる事は邪魔しない

我が家は、幼稚園の頃習い事はしていませんでした。やったことと言えば、夏の短期プール・体操でしたが、本人があまり楽しそうじゃなかったので、一週間の体験のみでした。

小学校に入る前に学校の事をやったら、「それ、知ってるよ」「もうできるよ」とワクワク感が薄れてしまうと思たのです。だから習い事なし、家庭でも何もしませんでした。

やっていたことと言えば、絵本を楽しむことと、集中して何かを楽しんでいる時はとことんやらせる事でした。

小学校低学年編

♪学校の話を聞く(友達関係だけでなく授業のことも) ♪授業の話が出たら質問をしてみる ♪分からない事があれば教科書をみて一緒に考える ♪テストの点数だけで褒めない(字が綺麗ね・そんなことまで知ってるのね等いい所を見つける) ♪先生・友達の悪口を言わない ♪~しなさい・~やめなさいはNG ♪~やってみたら?~するといいかもよと意欲を持てる声かけ

私の方法も順調にいった訳ではありません臨機応変に対応して来ました。

時にはルール変更もあり

我が家は早寝早起きだけはしっかり守らせてきました。その為、学校から帰るとあっという間に寝る時間がやってきます。宿題・友達と遊ぶ・夕食・お風呂・就寝の時間です。

初めのころは、宿題をやり学校の話を聞いてから遊びに行っていたのですが、子供達の行動範囲が広がってくると、帰宅すると直ぐに友達が迎えにきます「遊ぼう!」「早く~」こうなると落ち着いて宿題なんかしてられません。

そこでルール変更!まずは友達と思い切り遊ばせます、但し帰宅時間は守らせます。そして息子が遊びに行っている間に夕飯の支度をして、帰ってきたら夕飯までゆっくり宿題タイムです。この方が落ち着いて出来ます。

親の都合だけで勉強を押し付けないで、子供や友達の都合に合わせてあげることで、お互いストレスなく宿題に向き合えました。

家庭での勉強方法は宿題のみで予習はしません、そんなに集中していられません(子供の集中できる時間は学年×10分だそうです)、それに寝る時間になってしまいますからね。

こうして我が家では、予習をしない・子供の話を聞く・遊ぶときは思い切り・宿題はそばについてやる・この方法で、勉強はワクワクするものだという土台を作っていきました。土台が出来上がれば後は、家を建てればいいのです!リフォームだって可能です。

次回は高学年編~反抗期編~大学受験編に触れたいと思います。

 

       

記事が気に入ったら
どれみふぁ空の色を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

       

どれみふぁ空の色

関連記事

  1. 未分類

    母と息子の中学受験

    こんにちはkaoru(@kaorunba)です。幼稚園教諭・保育士の免…

  2. 未分類

    あなたはどっち派? 抱っこ紐orおんぶ紐?

    こんにちは!kaoru(@kaorunba310)です。私は、幼稚園教…

  3. 未分類

    反抗期~高校生へ

    こんにちはkaoru(@kaorunba)です。幼稚園勤務6年、子育て…

  4. 未分類

    大学受験

    こんにちは、kaoru(@kaorunba)です。幼稚園勤務6年、子育…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

旦那さんのブログです!

よろしくお願いします。

Facebookページ

お問い合わせはこちら

2018年11月
    12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  1. 未分類

    「第51回年忘れにっぽんの歌」みてきたよ~チケットの取り方から観覧まで解説します…
  2. 未分類

    母と息子の中学受験
  3. 未分類

    大学受験
  4. 未分類

    子供を勉強嫌いにさせないためには
  5. 未分類

    あなたはどっち派? 抱っこ紐orおんぶ紐?
PAGE TOP